2010年04月17日

赤ちゃんの便秘はこれで解消! 対策・予防法&対処法

私の娘は、離乳食を始めた頃、3,4日便が出ないという、便秘気味の時が何度かありました。

その時に、対策として行ったのが、100%のオレンジジュースを飲むということです。
なぜだか理由はよく分かりませんが (繊維が多いのかな)、テレビで小児科の先生も言っていたし、ヨガの本にも書いていました。

確かに、改善されたと思います。
最近では、1日でも便が出なかったら、オレンジジュースを飲むように心掛けており、次の日には出ています。

私の場合は、母乳を与えているので、親の私が、オレンジジュースを飲んでいますが、3倍ぐらいに白湯で薄めて、赤ちゃんに飲ませてあげてもいいみたいです。

赤ちゃんの便秘でお困りの方は、「オレンジジュース便秘解消法」 、試してみてはいかがでしょう。


便秘にはオレンジがいいんだって犬
P1000670.JPG


ウィメンズパーク-ベネッセ-
↑ たくさんのママの体験談が聞けます。何度もお世話になってます。
困った時は、ウィメンズパーク♪




天然成分にこだわったスキンケア化粧品


↑ 私がリピートして購入しているスキンケアです。
  さっぱりしていて、使い心地がいいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

便秘の予防 [編集]

食べ物、飲み物、運動の程度を変えることは、便秘を予防することになる。以下はそれらの他の方法である。

食物繊維の摂取 [編集]
食物繊維は柔らかく大きな大便を作る。野菜、果物、穀物などに多く含まれる。食物繊維は、一度に大量摂取してもあまり意味がない。繊維を多く含む食べ物を次に示す。

果物
リンゴ
モモ
ラズベリー
オレンジ
野菜
モロヘイヤ
カボチャ
ブロッコリー
キャベツ
ニンジン
カリフラワー
ホウレンソウ
ズッキーニ
パン、穀物、豆類
ウズラマメ
ソラマメ
シリアル食品
こんにゃく
きな粉
藻類

水分の摂取 [編集]
十分な量の水もしくは野菜や果物のジュース、スープなどを摂取する。

水分は大便を柔らかく保ち、通りを良くするため、水分を十分取っただけで便が排出される又は症状が改善される場合も多い。ただし、カフェインやアルコールを含む飲料は、消化器の水分を減らす傾向がある。

脂肪の摂取 [編集]
脂肪は腸管を滑らかにする働きがあるので、摂取することで便の通りがよくなる。よって油物を摂取するのも効果的である。ただしこれはダイエットなどで過剰な摂食制限をしている場合にいえることで、脂身などの多い肉類を日常的かつ過剰に取っている場合などは当てはまらないし、他の生活習慣病になるおそれがある。あくまでも普段サラダと少量の炭水化物のみなどといった、偏った食生活をしている場合である。

十分な運動 [編集]
規則正しい運動は消化器を活発にする。運動は軽いものでも十分で、毎日20〜30分の歩行でよい。また、軽い腹筋やストレッチも効果がある。手を使って腹をさすり、腸の蠕動運動を促すだけでも効果がある。

十分な排便の時間 [編集]
便意を無視しないようにする。生活習慣において毎日決まった時間に便意を催す者もいるが、そうでない人は、便意を催し易い時間帯を排泄に割り振る生活上の配慮も効果がある。朝食前は体温が低く体全体の活動も活発でないため排泄時間には向かない。

下剤を使う [編集]
下剤は大便を通しやすくする薬である。軽い便秘は上記の予防で十分な場合もあるが、程度に応じて下剤を使用することもできる。薬は医師の処方、または薬局で入手できる。液体、チューインガム、丸薬、粉などいくつかの種類がある。


参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


posted by ミルメメ at 00:35 | Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。