2010年01月04日

送料無料のサプリメント ママクロレラ レビュー

噛んで食べるクロレラ“ママクロレラ”送料無料を

購入し、食べてみました。



メロン味ということで、ひと口目は甘みが感じられ、

なかなか美味しいです。

しかし、何度か噛んでいるうちに、少しクロレラの

青み臭さが感じられました。



美味しくない訳ではないのですが、私はその青み臭さが

少し苦手なので、飲み物と一緒に食べています。

そうすれば、問題なく美味しく食べられます。



栄養素の方は、鉄や葉酸も含まれているので、

妊娠中や授乳中の方にもおすすめです。

甘味料は キシリトールなので、歯の健康のためにも

いいと思います。






追記

毎日食べ続けていると、少し感じていた青臭さは

なくなりました。

結構 美味しく 毎日カリコリと食べています。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クロレラ (Chlorella) はクロレラ属の淡水性単細胞緑藻類の総称。クロレラという名前は、ギリシャ語のchloros(クロロス、緑の意)と、ラテン語のella(エラ、小さいものの意)から合成された名前で、1890年にオランダの微生物学者、バイリンクによって発見命名された。

直径2-10μmのほぼ球形をしており、細胞中にクロロフィルを持つため緑色に見える。光合成能力が高く、空気中の二酸化炭素、水、太陽光とごく少量の無機質があれば大量に増殖する。

ドイツの生化学者、オットー・ワールブルク (Otto Warburg) は、クロレラの研究で1931年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。 またアメリカの物理化学・生化学者のメルヴィン・カルヴィン (Melvin Calvin) は、クロレラを用いた光合成の研究により1961年ノーベル化学賞を受賞した。

日本では、1929年に東北帝国大学(現・東北大学)教授の柴田萬年がクロレラの純粋分離に成功し、1949年にはアメリカのスポアとGHQから東京大学教授の田宮博にクロレラの大量培養の要請があり、翌1951年、徳川生物学研究所において屋外大量培養を行い、成功している。

健康食品として [編集]
乾物としての主な成分は、たんぱく質45%、脂質20%、糖質20%、灰分10%。その他にビタミンE、ビタミンKなどの脂溶性ビタミンを含む。

たんぱく質含量が高いため、未来の食料資源のひとつとして栽培や研究が行われた時期もあった。大量栽培のできるようになった現在では、健康食品などとして販売されているが、「免疫能を向上させる」などの効能については人間に対する有効性を示す信頼できるデータは存在しない。また、アレルギー症状を起こした報告がある、ビタミンKが豊富なため抗血液凝固剤ワルファリンの効果を減じる恐れがある、細胞壁が強固なために消化吸収率が悪い(細胞壁を破砕したものが市販されている)などの指摘もある[1]。

販売業者による問題も引き起こされ、体験談商法などと呼ばれる訪問販売が行なわれた。最盛期に比べ、下火にはなっているが、今でも継続している業者もいる。常套手段としては、「慢性病が完治した」という嘘の体験談を、新聞の折込チラシや雑誌に載せ、そこに書かれた電話番号にかけてきた人に対して訪問販売を行い、数年分にもわたる大量の契約を取り付けるというものである[要出典]。

脚注 [編集]
^ "クロレラ". 「健康食品」の素材情報データベース. 国立健康・栄養研究所. 2009-12-09 閲覧。


参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%83%A9

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


posted by ミルメメ at 23:08 | Comment(1) | 美容情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。また遊びに来ます!!
Posted by Iyonaga at 2015年11月18日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。